キーワード広告をやめたいのですが。。。

Pocket

昨日、キーワード広告をやめたいという兵庫県のお客様が来社されました。

結論から言うと、打合せ後「もっと広告費をだします♪」と言って去っていきました。

何があったかというと、

1.当社でホームページを作成。
2.Googleのキーワード広告をだした。
  ※キーワード広告とは「キムチ通販」って検索すると検索結果の上に表示される広告です。
3.広告を出すや否や、注文が入る、電話がなるようになる。
4.6万円の広告費で3万円の売上になる。

売れば売るほど赤字。

という状況です。


しかし、話を伺ってみると、

●客単価3千円くらい。
●50歳から70歳くらいの女性が購入している。
●リピート率は30%くらい。
●2回目の購入時は1万円を超える買い物をする。
●購入者の中には5人に口コミして全員に買わせた強者がいる。
●ほとんどの購入者がお礼状を書いてきてくれる。

この状況を考えると、もっとお客様を増やした方が良いことがわかりました。

これは多くの方が誤解する思考です。
※僕も昨年まで誤解していました。

広告を知っている人、知らない人。
その違いは?

■■パターン1(広告を知らないひと)■■
広告6千円

売上3千円
※3千円の赤字

広告をやめる

■■パターン2(広告を知っているひと)■■
広告6千円

購入3千円
※3千円の赤字

リピート売上1万円
※黒字7千円

広告へ再投資

先ほどのお客様は、広告やホームページの話はソコソコにして、
リピートさせるために商品と一緒に何を送るのか?

を話し合いました。

例えば、、、

・おまけ。
・感想を書いてね!的な葉書。
・礼状。

あと、

・電話でありがとう。
・できるだけ当日発送。翌日到着。

当たり前と言えば、当たり前ですが、これがなかなかできないんですよね。

人の振り見て我が振り直せ。

いい一日でした。

Pocket

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA