企業公式ホームページの回し方

Pocket

officialvssales.jpg

私は基本的に販売用ホームページと企業の公式ホームページを分けることを推奨してきました。

それは今でもあまり変わっていません。
分けた場合に公式ホームページの運用がおざなりになってしまうケースが非常に多いのが現状です。
つまり更新されないページになってしまうという問題があるということです。
そこで、今日は公式ホームページの運用方法についてお伝えします。


企業の公式ホームページの役割は何なんでしょうか?

1.企業情報の開示。
2.商品、サービスの紹介。
3.社長は何者なのか?に対する答え。
4.新商品・サービスの案内。
5.マスコミなどの掲載報告。
6.採用情報。
7.営業日、休日の案内。
このあたりでしょうかね。
この中で、常に動くモノとそうでないモノを振り分けると、
動かないモノ。
1.企業情報の開示。
2.商品、サービスの紹介。
3.社長は何者なのか?に対する答え。
この3つですね。
動くモノ。
4.新商品・サービスの案内。
5.マスコミなどの掲載報告。
6.採用情報。
7.営業日、休日の案内。
こんな感じです。
この中で採用情報はあまり動かないケースもありますね。
結局のところ、公式ホームページで動かす必要のあるコンテンツというのは
ざっくり言うと
連絡。
報告。
この二つなんです。
もっと簡単に言うと
こんなことやります。(出します)
こんなことやりました。(出しました)
という二つです。
ですから、これだけを意識すると公式ホームページに動きが出てきます。
最終更新履歴が半年前とか、1年前にならずにすむというワケです。
これは、私たちが100社以上のホームページの更新代行をしているので
わかる情報です。
もし、あなたのホームページを6ヶ月以上更新していなければ、このように更新することをお勧めします。
「この会社、ホントに今もやってんの?」と思われないためにも更新してください。
Pocket

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA