散財日記 – TUMIルジュヌ(リュックサック)

Pocket

旅人ビジネスマンにおすすめのリュックです。

ジオング顔のTUMI ルジュヌ
どうですこの見事なジオング顔。
僕は昔、TUMIが好きでした。
あこがれというか「できる男はTUMIのカバンにIBMのThinkPadセット持ちだろ」的な
固定観念がありました。
現在もデカブリーフ、ミニトロリー等のアルファシリーズを4つほど所有しております。
しかし、まあ持っている人が多いこと多いこと。
100人くらい男が集まると3〜5人ぐらいは確実にカブるんですよね。
TUMI持ちのいない山手線などない。
TUMI持ちのいない新幹線などない。
草薙素子のいない攻殻機動隊などない。
シャツのセンスのよいドゥンガなどない。
たこのないたこ焼きなどない。
悲しいことのない恋愛などない。
楽しいだけの結婚生活などない。
確信の持てる挑戦などない。
というくらいに1日としてTUMI持ちを見ない日はないと言っても過言ではない。
何か恥ずかしくなってしまうというより自己嫌悪に陥るんですよ。
だから、2008年くらいから一回も使ってません。
正確に言うとインナーバックはサイズ感もよく、便利で丈夫なので使ってます。
TUMIのインナーバックというかポーチ?
TUMIのインナーバックというかポーチ?
月に3〜5回ほど出張する生活を10年くらい送っているのですが、
最初はトロリーにあこがれましてね。
TUMI→グローブトロッターと使ってきたのですが、トロリーがうざったくなってしまいまして。
※グローブトロッターは別途ご報告
行き着いたのがリュックだったんです。
リュックはブリーフィングを使っているのですが、これがすこぶるいいです。
※ブリーフィングも別途ご報告
しかし、ちょっとカジュアル過ぎるんですよね。
あと女子ウケが比較的弱い点も見過ごすことが出来ませぬ。
よってあれこれ物色しているうちにこのTUMIルジェヌというリュックに出会ったんですよ。
ANAの飛行機搭乗時の列にて
僕の前に列んでいる専門家っぽい人が持っていて「おっ」
梅田の三越伊勢丹にて
シャレオツな小綺麗な色白男性(ピアノ弾きそうな彼女連れ)が持っていて「おおっ」
と思って、検索してみた訳です。

使用感はごわつきが多少有りますが、まあまあです。
 
 
とにかく、モノが入るんですよ。
 
3泊くらいなら十分な容量です。
tumi4.jpg
これ全部入ります。Macもポテチも。

tumi2.jpg

サイドポケットはペットボトル入れとしてどうぞ。
良い点は、
・カブらない。
・丈夫。
・モノが沢山入る。
・安い。
・ちょっとだけエレガント。
と僕的には合格点です。
難点は、
・ごわごわする。何かごわごわする。
・ファスナーがごわごわする。何かファスナーがごわごわする。
・ポケットが使いにくい。
・ジオング顔。
・どこがトートなの?
こちらのブログ記事を購入時に参考にしますた。
これで30,000円と安いです。
345$が30000円(送料込み)
なんと定価は345$。
楽天はいいねぇ。ハードディスカウンターがうじゃうじゃいるよ。
海外で買うより安いです。
ヤフオクの中古よりちょい高いくらいです(笑
この点も今回、お伝えしなければならないことなのですが。
僕の大好きなブログの記事から。
「円安で値上げ続出へ。並行輸入のTUMIやRIMOWAを狙うなら今」
 
「昨年の円高在庫品を狙うならいつ?」
 
 
「今でしょ!」
みたいな時期にきております。
これを機会に舶来品の購入はお早めに。
ご利用は計画的に。
ということで。
いやぁ散財っていいですね。
Pocket

Comments

comments

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

CAPTCHA